当校の紹介

HOME > 当校の紹介

就職率100%を誇るニットのプロ養成機関

現在、ファッション業界では独創的で確かな技術をもつニットデザイナーが切望されています。
しかし、ニットデザインの実践的技術教育を行う機関は非常に少なく、本校は日本でも数少ない、即戦力となるニットのスペシャリストを養成する機関です。
企業に導入されている最新機器の技術をはじめとする優れたカリキュラムはもちろん、有名企業での現場研修などの特色ある教育システムで、業界からも高い評価を頂いています。
その結果、卒業生全員がニットデザイナー・プランナー等、ニットの専門職として、業界大手企業へ就職するという、高い就職率を誇っているのです。

本校の特色

学校長メッセージ

糸の段階から自由な創作ができるニットには、布帛には見られない「創る喜び」があります。素材の持ち味と編み方のテクニックによって生まれるニットならではの魅力があふれているのです。本校で学ぶことのできる技術は、業界で最も求められている「即戦力」となります。ぜひ、あなたも一生の仕事となる技術を身につけ、ニットの世界へ大きく羽ばたいてください。   

学校長 師田 範子 (もろた のりこ) プロフィール

共立女子大学卒業。婦人画報社を皮切りに、主婦の友社・主婦と生活社・雄鶏社・日本ヴォーグ社・鎌倉書房などにデザインを発表。1969年より三越日本橋本店にて「NORIKO手あみニットショー」を開催。三越、伊勢丹、高島屋、西武、東武、東急、松坂屋等全国有名百貨店にて作品を販売、NHKテレビ婦人百科 (現おしゃれ工房) 講師として出演。1995年より1997年まで東京都立南大沢養護学校産業技術科ファッションデザインコースの創立に参画、国際協力事業団 (JICA) のニット専門家としてエジプトを調査、スリランカ研修生の指導にあたるなど、教育者としても活躍。

卒業生の進路について

当校の卒業生全員が、業界大手企業を中心とするアパレルメーカーでニットデザイナーとして就職しています。
業界有名企業での現場研修を2年次から行い、企業からも高い評価をいただいています。  

卒業生の声を聞く

Page Top

設備紹介

■設備機器

●島精機制作所製
SDS (編地用デザインシステム) SES (自動制御横編機10G・7G)
TD (トータルデザインシステム) ATD (アパレルトータルデザインシステム)
SDS−ONE
PGM-3 (パターン・グレーデリング・マーキング用システム一式)
●縫製機器 (ペガサス、ジューキ、アッシュフォード)
ニット用オーバーロック7台、布帛用ロック3台、単環縫、本縫、穴かがり、フラットミシン、リンキング、刺繍ミシン
●手横編機
3G・5G・7G・10G
●その他
立体工業用ボディ15台、スピニングホイール(糸紡ぎ機)4台

■コンピュータ自動制御横編機

■針部拡大写真

■フラットミシン

■ニット専用縫製機器

■手横実習室

■手横編機

 

■リンキング

■ワインダー

■視聴覚教室

■下北沢分室

 

 

Page Top

学校長メッセージ

Photo

日暮里ファッションデザインコンテスト2016
荒川区長賞

平成28年度2年 小 嶋 真 実

Photo

日暮里ファッションデザインコンテスト2016
協賛企業賞(蛇の目ミシン工業株式会社)
平成28年度1年 佐久間 詩織

Photo

日暮里ファッションデザインコンテスト2016
佳作

平成28年度2年 渡邉 毬乃

Page Top